事件の涙「隣人のはずだった~限界集落 5人殺害事件~」

Category:
Date:
2020-05-22 19:16 UTC
Submitter:
Seeders:
1
Information:
No information.
Leechers:
2
File size:
203.1 MiB
Completed:
453
Info hash:
e14b1d68f28091a2357064bbb424f97ef56262e3
事件の涙「隣人のはずだった~限界集落 5人殺害事件~」 [BS1] 2020年5月22日(金) 午後11:00~午後11:30(30分) 蛍の舞うのどかな集落で、住民5人が殺害されるという事件が起きた。犯行は故郷にUターンして暮らしていた男によるものだった。当時の住民たちが重い口を開いた。 山口県周南市の限界集落で、故郷にUターンして暮らしていた保見光成死刑囚が、1晩のうちに住民5人を殺害、2軒の住宅に火を放った事件。親族や親友を失った住民たちは、なぜ、あのような惨事が起きたのかを考え続けてきた。保見の死刑判決を前に、住民が語った言葉からは、都会からUターンしてきた男と、住民たちの思いのすれ違いが、やがて埋められない溝となっていった過程が見えてきた。

File list

  • 事件の涙「隣人のはずだった~限界集落 5人殺害事件~」.mp4 (203.1 MiB)